INTERVIEW/社員インタビュー

可能性はいつだって前にある

2019年入社

EC事業部 Web制作G
Chief I.O

現在の仕事内容とやりがいについて教えてください。

自社開発しているプライベート商品の販売ページのデザインが主な仕事です。商品を入れるためのカートンや、説明書などの印刷物の制作も行っています。

担当するのはデザインだけではなく、ページの構成の立案、キャッチコピーや説明文の作成、写真撮影など多岐に渡ります。
開発Gや戦略Gと何度も打ち合わせを行い、商品知識を深めると同時に、どうすればお客様に商品の魅力が伝わるのか、他社の製品との違いを如何にアピールするのかなどを考え、デザインに落とし込んでいます。
そのため、求められる知識は幅広く多彩なスキルが必要になります。

デザイン系のツールの使用はもちろん、カメラに関する知識やコーディングなど学ばなければならないことが山積みです。でもそこが一番のやりがいでもあるんです。
自社サイト、それも自社製品のデザインだから、クライアントの都合に振り回されるなんて不本意なことは一切ありません。
素材が足りないなんてこともありません。スタジオで撮影すれば良いだけですから。

これまで不自由に感じていたことから、Netforceでの仕事をするようになって解放されました。
何でも出来る、どんなデザインにも挑戦できる環境だから、やれることは無限にあります。
クリエイターとして、こんなにやりがいのあることって他にないです。

入社して私の変わったところ

私はこれまで業界は違えど10年以上デザイナーとして働いてきました。
前職はネットフォースと同じくECサイトの運営をしている会社です。そこでもWebデザイナーとして、デザインやコーディングの作業をしていましたが、自分の作った販売ページでどれくらいの売上があったのか、どのくらいの売上を目標にしているのかなんて、まったく知らなかったし興味を持ったこともありませんでした。
ただ綺麗なデザインのページを作れば良いと思っていたからです。

入社にあたって社長から「それでは駄目だ、数字に興味を持ちなさい」と言われ、入社直後は在庫管理グループに配属されました。在庫管理の業務をしていたのは半年ほどでしたが、そこで見た数字とデータ――どんな商品がどのくらい売れているのか、どんなお客様が買っているのか等々――は、デザイナーとしての私にとって素晴らしい財産になっています。

既存の商品の売上データに基づいて、新しい商品をどう魅せていくのが効果的なのか。
ただ綺麗なだけではなく、より的確にお客様に刺さるイメージを作る。
今の私はそういう観点でデザインをしています。

狙った通りの効果が表れた時の達成感は、今までのデザイナー人生の中では味わうことのなかったものです。
Netforceに入社して一番変わったところは「私にとってデザイナーとしてのやりがいとは何か」ということなのかもしれません。

ワクワクする瞬間

新しい商品にいち早く触れられるのがスタジオ勤務の何よりの特権です。
開発中の商品のサンプルが届けば、次はこんな物を作るんだな、とワクワクすると同時に、すでに販売しているあの商品と組み合わせたら素敵だろうな、と想像が広がります。

実際に開発が終わり完成した新商品は、入荷次第すぐにスタジオに運ばれてきます。
サンプルを何度も見ていて中にどんなものが入っているのか知っているとは言え、自分がデザインした箱に入れられた商品を開ける瞬間はやはりドキドキしますね。

サンプルを見た時から思い描いていたセットで写真撮影を行い販売ページを作り、そしてページに載せた写真と同じ組み合わせでお客様が複数の商品を買ってくれているのを見た時には本当に感激しました。
仕事をしているとワクワクする瞬間の連続です。

応募者の方へメッセージ

私は自己紹介をするとき「仕事はWebデザイナーをやっています」と名乗ることが大半です。
ですが、実際に私がNetforceでやっている仕事は、デザイナーだけにとどまりません。
日によってはコーダーでもあり、また撮影をしている時はインテリアデザイナーのように家具の配置を考え、シャッターを切るカメラマンもしています。動画を編集している日もあります。
さらにデザインは見た目だけではなくどんな言葉を載せるかも重要ですから、ライターをしていることもあります。

こんなにたくさんの「ものづくり」に関わることができる環境は珍しいのではないでしょうか。
デザインだけじゃなく、もっと幅広い「ものづくり」がやってみたい。
ただ作るだけじゃなく、何を作るのか、なんのために作るのか、作った結果どうなったのか、すべてを知りたい、見てみたい。
好奇心旺盛でマルチなスキルを手に入れたいクリエイターさん、是非Netforceで一緒に「ものづくり」をしませんか?